インフルエンザの治療に使用されるタミフルは予防にも使えたり、その効果の高さから非常に多くの方が使用しています。現在、個人輸入代行の形でタミフルが通販で購入可能となっています。その方法やおすすめサイトなどをこちらで紹介していきます。

  • ホーム
  • 風邪とインフルエンザは違う!

風邪とインフルエンザは違う!

せきが出る女性

単に症状だけを並べてみると風邪と似ているように感じられるインフルエンザですが、風邪とインフルエンザでは症状の出現の仕方やその程度が異なります。
インフルエンザと風邪では、実際には症状にどのような違いが見られるのでしょうか。

風邪の場合熱が出始める前に、しばらく鼻水や咳・喉の痛みなどの症状が見られることが一般的です。
一方インフルエンザでは急な発熱で始まることが多く、また同時に強い関節痛に見舞われることもよくあります。
熱も寒気がし始めたと思ったらほぼ同時に高熱になっているケースもあり、急な状態の変化による体への負担は非常に大きいといえます。

ただ、インフルエンザに感染してしまった場合でも人によっては熱がそれほど上がらない場合もあります。
熱は普段と変わらず平熱で、鼻づまりや咳・腹痛などの風邪様症状だけが出現していたにも関わらず、周りにインフルエンザに感染している人がいるから念のため、と検査をしてもらったところインフルエンザへの感染が判明したという例もあります。

インフルエンザでは熱が微熱や平熱の場合でも、関節痛・筋肉痛の症状が強く出現することが多く、このような全身症状は体力を消耗させ日常生活にも影響を及ぼします。
つらい症状が治まり体力が回復するまでは安静にし、十分に栄養や睡眠をとることが重要です。
また小さな子どもや高齢者、持病などにより免疫力が低下しているようなケースでは、急性脳症や肺炎等を併発して重症化することがあるために注意が必要です。
熱型や症状の変化を注意深く観察し、少しでもおかしいと思ったり、急な症状の変化が見られた場合は重症化を防ぐためにも医師の診察を受けましょう。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索