インフルエンザの治療に使用されるタミフルは予防にも使えたり、その効果の高さから非常に多くの方が使用しています。現在、個人輸入代行の形でタミフルが通販で購入可能となっています。その方法やおすすめサイトなどをこちらで紹介していきます。

  • ホーム
  • タミフルを予防投与に使う

タミフルを予防投与に使う

鼻をかんでいる女性

インフルエンザの治療薬であるリレンザは粉状の薬を吸入して服用するタイプの薬です。
インフルエンザの治療薬は他にもタミフルなどの内服薬やラピアクタと言う点滴薬があります。
リレンザの特徴は、インフルエンザウイルスが増殖する気道に届いて、ウイルスの増殖を抑える事ができる点にあります。
気道に届いたリレンザはそこにしっかりとどまって、活発に動いて増えようとしているインフルエンザウイルスと闘ってくれます。
つまり、ウイルスが存在する患部である気道に直接効くので、効果を発揮しやすく、重症化するのを防ぐ事ができます。
ただし、ウイルスが増殖しきってからではあまり効果を発揮する事ができません。
ウイルスが増殖しきってしまう前に吸入して、まだ少ないうちに増殖を防ぐという使い方をするのが最も望ましいのです。
インフルエンザの正確な診断を受けるには高熱が出てから12時間ほど経過している必要があります。
しかし、リレンザは早めに吸入することが望ましいので、医師の診断を受けてリレンザが処方されたらなるべく早く一回目の吸入を行う方が良いです。
飲み込むために水が必要な内服薬と違って、外でも手軽に吸入する事ができるので、薬局で薬を受け取る患者さんに薬剤師が使い方を説明しながら、一回目を吸入させる薬局もあります。
インフルエンザはうつりやすく、熱が高く出る風邪だ、と軽く考えている人も少なくありませんが、高齢者や幼児がかかると命の危険もある怖い病気です。
手洗いうがいをしっかりして、ウイルスをもらわないように予防する事も大切ですし、かかったかなと思ったらすぐに病院で診断を受け、治療を開始する必要があります。
リレンザのように効果も安全性も高い薬があるので、きちんと使用して治療して行きましょう。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索