インフルエンザの治療に使用されるタミフルは予防にも使えたり、その効果の高さから非常に多くの方が使用しています。現在、個人輸入代行の形でタミフルが通販で購入可能となっています。その方法やおすすめサイトなどをこちらで紹介していきます。

  • ホーム
  • インフルエンザは空気感染する

インフルエンザは空気感染する

インフルエンザウイルスは感染力が強く、発症までの期間も短いことから、毎年のように爆発的な被害を起こす感染症です。感染経路は飛沫感染、空気感染、接触感染の3つがあり、それぞれの経路からどの程度の割合で起きているかは、はっきりと分かっていない状況です。
飛沫感染はクシャミや咳などの飛沫から目や鼻といった粘膜に直接触れることで感染するため、感染距離はおよそ1~2m程度の範囲ですが、その後水分が蒸発することで小さな粒子となって空気中に漂い、粘膜に直接的に取り付くか物に付いたあとで間接的に感染するかのどちらかになります。何れにしても感染する可能性は高く、インフルエンザの予防および治療は重要なことになります。インフルエンザウイルスに感染した際は、病院で抗インフルエンザ薬を処方してもらいますが、第一選択薬が決まっており、一般的にはタミフルが治療薬として出されます。
タミフルはノイラミニダーゼ阻害薬に分類され、ウイルスが細胞から遊離する際に必要とされるノイラミニダーゼと呼ばれる酵素を抑えることで全身への広がりを抑制し、インフルエンザの症状を軽くする薬です。そのため、ウイルスを退治する力はなく、発症から48時間以内に服用しなければ、効果があらわれないと言われています。しかしウイルスの抑制ができるため、タミフルを感染前の予防薬として利用することも可能です。使用する際は、治療薬および予防薬としてそれぞれ服用量が異なるため注意が必要です。治療薬として用いる場合は、1回75mgを1日2回として、服用を5日間続けます。予防薬で使用する場合は、1回75mgを1日1回として、7~10日間に渡って服用することで効果を発揮します。

関連記事