インフルエンザの治療に使用されるタミフルは予防にも使えたり、その効果の高さから非常に多くの方が使用しています。現在、個人輸入代行の形でタミフルが通販で購入可能となっています。その方法やおすすめサイトなどをこちらで紹介していきます。

  • ホーム
  • インフルエンザの予防にマスクを使用する

インフルエンザの予防にマスクを使用する

鼻をかんでいる女性

空気が乾燥する冬になると、毎年のようにインフルエンザが流行します。
予防法としては一般的な風邪の予防法と同じく、外から帰ったときの手洗い・うがいが最も重要となります。手に付着したウイルスが食事の時などに口から入ることが感染の重要な経路となるからです。
手洗いは水洗いだけではなく、石鹸をつかって爪の間や指の間など隅々までしっかり洗い、清潔なタオルでふき取ったあとにアルコール消毒をするとより一層完璧です。
うがいは市販されているうがい薬を使用するとよいでしょう。
一般的な風邪でしたらこれだけでも十分ですが、インフルエンザにはさらにマスクも有効な予防法となります。
インフルエンザウイルスはインフルエンザに感染した患者の咳やくしゃみに含まれる飛沫からも感染します。通勤電車の中で患者がくしゃみをしたら、濃厚なウイルス飛沫が飛散し感染する可能性は大いにあります。
世界ではマスクを装着することはあまり一般的ではなく、医療従事者など仕事で必要とする人以外は外ではマスクを装着することはあまり好まれません。
しかし、日本人はきれい好きな性格の人が多いことや感染に対する意識の高さ、また花粉症の人が多いため、マスクを装着することが一般的となっておりこれがインフルエンザの予防にはとても有効となっています。
一般的なマスクでも花粉やウイルスは90%以上カットされますが、最近のマスクはウイルスの99.9%をもカットする機能を備えたものまでありますので、流行が本格化している時期にはこういったものもうまく取り入れて予防に努めるのも感染防止には有効です。
手洗い・うがい・マスクの基本的な予防法に加え、日ごろの生活習慣にも気を付け、体調を崩さないようにすることも感染予防には重要となります。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索